見た目を大きく変えるメガネのデザイン

メガネ選びで迷ってしまうポイントは、デザイン面が多いです。特に形状は眉毛や目の形と同じように、見た目の印象に大きく関わってきます。そして自分の好みだけでなく、顔の形に合わせた方が良い場合もあります。ではどの顔にどんな形状のメガネが合うのかを確認してみましょう。

面長の人に合ったメガネの形状

面長の人は、顔の長さを目立たせない形のメガネを選ぶとバランス良く決まります。コツは、天地幅(フレームの縦幅)が広めのフレームを選ぶことです。天地幅は、眉から顎の先までの長さの3分の1程度を目安にす…

Read More

丸顔の人に合うメガネの形状

まずは、なりたい自分をイメージしてメガネを探しましょう。親近感のある雰囲気を出したいなら、縦と横の比重が同じくらいの「ラウンド」や「ボストン」がおススメです。丸みのあるフレームは気さくで優しい印象…

Read More

エラが大きい人に向いているメガネの形状

角のない丸みを帯びたフレーム

エラの大きい人はエラが張っているため、顔の形でいうと「四角顔」や「ベース顔」に当てはまる人が多いでしょう。顔の輪郭が角張っているため、丸みを帯びた円系のフレームが似合います。なぜなら、丸みを帯びたフレームは大きなエラを緩和する効果が期待できるからです。他には、メガネのフチが太いものも似合うでしょう。エラが大きい顔立ちは特徴のある顔型なので、メガネも特徴があるものを合わせるとバランスがよくなります。 反対に四角いフレームを選んでしまうとエラを強調させてしまう恐れがあるため、注意が必要です。そのため、長方形の形をしたスクエア型や台形の形をしたウェリントン型のメガネを合わせることは難しいです。これらのメガネをどうしてもかけたい場合は、角が丸くなっていてフレームが大きいものにすると、エラの強調を抑えることができるでしょう。

丸みがあるメガネの種類

エラの張った人には丸みがあるメガネが似合いますが、一言に丸みがあるといっても種類が豊富にあります。例えば、フレームが丸いラウンド型のメガネや楕円形で角がないオーバル型のメガネ、目尻が上がったフォックス型のメガネなどが挙げられます。ラウンド型はまん丸なフレームなので個性が強く勇気が入りますが、特徴的なフレームのためエラに目がいきにくい効果があります。オーバル型はよくある形のメガネなので扱いやすいうえに、柔らかい印象を与えてくれます。フォックス型は目尻が上がっているため、あごをシャープに見せる効果があります。このようなことを参考に自分の顔の形を活かした、自分好みのメガネを探してみてはいかがでしょうか。

付け加えられる機能

近視や老眼に度を入れない伊達など、メガネの基本的な性能は使用する目的によって決まります。しかしその他にもプラスアルファとして付け足せる要素があります。では具体的にどのような機能が選べるのかを確認してみましょう。

レンズの球面・非球面の選択

レンズは基本的に中心がもっとも綺麗に見えるようになっています。球面レンズは厚みがあり、カーブが大きいためレンズの中心から離れるにつれて歪みが強くなっています。そのため、横を見たときに物体が曲がって…

Read More

レンズ表面に施す特殊コーティング

近年のメガネのレンズは、視力を矯正するだけではなく様々な特殊コーティングが施されています。どこのメガネメーカーでも行われているのが、レンズに傷がつきにくくなる特殊コーティングです。表面硬度を高めて…

Read More

メガネそのものの外観を良くする加工

一般的なメガネのパーツを大まかに分けると、レンズとフレームです。フレームをパーツごとに分けると、8種類まで分類できます。メガネのレンズは素人では加工できませんが、お店によってUVカット、ブルーライ…

Read More