面長の人に合ったメガネの形状

面長の人にはウェリントンタイプがおすすめ

面長の人は、顔の長さを目立たせない形のメガネを選ぶとバランス良く決まります。コツは、天地幅(フレームの縦幅)が広めのフレームを選ぶことです。天地幅は、眉から顎の先までの長さの3分の1程度を目安にすると良いでしょう。

面長の人に特におすすめの形状は、ウェリントンタイプです。ウェリントンタイプとは、台形を逆さにしたような、少し丸みのある四角形のフレームのこと。オーソドックスで誰にでも似合いやすく、ビジネスシーンでも使いやすいため、性別や年齢を問わず人気を集めています。

ウェリントンタイプのフレームは、おしゃれなデザインが豊富なことも嬉しいポイントです。フレームの太さや素材、色によって印象が変わるので、「なりたい自分」のイメージに合わせて選ぶと良いですね。

面長の人にはボストンタイプも似合う

面長の人には、ボストンタイプのメガネも似合います。ボストンタイプとは、丸みがあり、下が少し細くなった形のフレームです。天地幅が広いため、面長の印象を和らげてくれるでしょう。また、フレーム自体に丸みがあるので優しい雰囲気になります。

ボストンタイプはウェリントンタイプと同じくクラシックなイメージのメガネです。ビジネスはもちろん、カジュアルなスタイルにも合わせやすく、女性はもちろん、おしゃれな男性からも人気があります。

同じボストンタイプでも、丸メガネに近い形のものや、セルとメタルのコンビネーションである「サーモントタイプ」のものなど、デザインはさまざまです。気になるものはどんどん試着して、似合うメガネを見つけましょう。