レンズ表面に施す特殊コーティング

傷がつきにくくなるコーティング

近年のメガネのレンズは、視力を矯正するだけではなく様々な特殊コーティングが施されています。どこのメガネメーカーでも行われているのが、レンズに傷がつきにくくなる特殊コーティングです。
表面硬度を高めて防傷機能を向上させることで、安心してメガネをかけられるようになっています。レンズに傷がつかなければ、長期的にメガネを使うことができます。
メガネのレンズはプラスチックが主流ですが、プラスチックは傷がつきやすいという弱点があります。しかし、近年ではプラスチックに何層ものコーティングを行うことによって傷がつきにくくなっているのです。
また、それと同時に花粉がつき難かったり、汚れに強いコーティングが施されています。

ブルーライトをカットするコーティング

近年ではスマートフォンやパソコンを長時間使うことで、疲れ目になっているという人が増えています。そんな人にはブルーライトをカットするコーティングが施されたメガネが向いています。
ブルーライトをカットするレンズには特殊なコーティングがされていて、ブルーライトをレンズに吸収させて目に届くブルーライトの刺激を軽くするという仕組みになっています。コーティングによって反射するタイプと、染色技術を使って特殊カラーをコーティングすることでブルーカットするものがあるため、自分にあったタイプを選べます。
ブルーライトカット効果のあるメガネはパソコンなどを見る時以外にも、紫外線から目を守るため日常使いにも良いとされています。